MACアドレスの調べかた

MACアドレスとは、Ethernetネットワークカード自身につけられた48ビットの番号で、カードごとに固有の番号がつけられています。 (こういうもの→55:CA:FE:BA:BE:01)

以下にいくつかのMACアドレスの調べ方をあげますので参考にしてください。

ネットワークカード自身を見る

ネットワークカード自身にラベルなどの形でアドレスが記入されている場合があります。ネットワークカードの両面を眺めてみましょう。

OSから調べる

Apple iOS の場合

「設定」→「一般」→「情報」→「Wi-Fiアドレス」がMACアドレスです。

ios6_macaddr.png

画像:Apple iOS 6 の例(設定画面から辿って確認)

Androidの場合

つぎのいずれかの手順でMACアドレスが確認できます。

  • 「設定」→「Wi-Fi」→メニューから「詳細設定」→「MACアドレス」
  • 「設定」→「タブレット情報」(または「端末情報」)→「端末の状態」→「Wi-Fi MACアドレス」

下記は Android 4.2.1 の画像です。

android4_macaddr_01.png

画像:Android 4.2.1 の例(確認方法その1)

android4_macaddr_02.png

画像:Android 4.2.1 の例(確認方法その2)

Windows 10/8/7/Vista の場合

netsh wlan show interfaceコマンドを使う(無線の場合のみ)

  1. コマンドプロンプトを開く。
  2. 「netsh wlan sh int」コマンドを実行
  3. 物理アドレスの行に表示されたものが無線のMACアドレス

無線インタフェイスだけ調べればよい場合はこの手順がわかりやすいと思います。 コマンドプロンプトで、「netsh wlan sh int」コマンドを実行します。 物理アドレスと表示されたものがMACアドレスです。

netshwlanshint_3.png

画像: 「netsh wlan sh int」実行例 (Windows 7)

  • 補足
    • 「ワイヤレスインターフェイスがシステムにありません」と表示された場合は、インタフェイスが存在しないか、あるいは無効化されているために、無線が使えない状態です。
    • 「ワイヤレス自動構成サービス(wlansvc)が実行されていません。」と表示された場合は、netsh wlan コマンドに必要なサービスが起動されていません。コントロールパネル > システムとセキュリティ > 管理ツール > サービス と辿り、「WLAN AutoConfig サービス」を開始した上で再度お試しください。

getmac /v コマンドを使う

  1. コマンドプロンプトを開く。
  2. 「getmac /v」コマンドを実行

getmacコマンドが使える場合にはこの手順がわかりやすいでしょう。 コマンドプロンプトで「getmac /v」コマンドを実行すると、有線・無線・仮想NICなどの種別を問わず、全インタフェースのMACアドレスが一覧表示されます。 この中から、生研ネット接続に使用するインタフェースの行を探してください。アダプター欄を参考にインタフェースを特定してください。 物理アドレス欄がMACアドレスです。

下記の例では上から有線NIC、仮想NIC、VPNインタフェース、無線が表示されています。

getmac_win10.png

画像: 「getmac /v」実行例 (Windows 10)


ipconfig /allコマンドを使う

  1. コマンドプロンプトを開く。
  2. 「ipconfig /all」コマンドを実行します。

コマンドプロンプトで、「ipconfig /all」コマンドを実行します。全てのインタフェースの情報が表示されます。 まず使用するネットワークカードについての部分を探し、その中から

  • 「イーサネット アダプタ ローカルエリア接続」
  • 「イーサネットアダプター イーサネット」
  • (無線の場合)「Wireless LAN adapter ワイヤレス ネットワーク接続」
  • (無線の場合)「Wireless LAN adapter Wi-Fi」)

となっているものを見つけます。 「物理アドレス」がMACアドレスです。

  • 注意
    • Windows 8の無線LANアダプタの場合、「Wireless LAN adapter ローカルエリア接続」(※「説明」が「Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapter」となっているもの)は、実際の無線LANアダプタではありませんので、選択しないでください。
    • 「イーサネット アダプタ ローカル エリア接続」が複数存在する場合があります。「説明」の項目を確認して適切なものを選んでください。
    • 「Intel(R) WiMAX Link」は有線LANでも無線LANでもありませんので選択しないでください。
    • 「Tunnel adapter ローカル エリア接続」がたくさん表示されますが、これらも無関係です。

MacOS X の場合

「システム環境設定」を立ち上げ、「ネットワーク」をクリックします。

左のインタフェース一覧から使用するネットワークインタフェースを指定し、「詳細...」をクリックします。 (インタフェイス名は、ほとんどの場合、有線なら「内蔵 Ethernet」、無線なら「AirMac」もしくは「Wi-Fi」です。)

macosx105-addr-01.png

画像:インタフェイス選択

「ハードウェア」タブをクリックします。「MACアドレス」がMACアドレスです。

macosx109-addr02.png

画像:MACアドレスを表示 (MacOS X 10.9)

(MacOS X 10.6 Snow Leopard までは、「ハードウェア」タブが「Ethernet」タブに、「MACアドレス」が「Ethernet ID」になっています。)

macosx105-addr-02.png

画像:MACアドレスを表示 (MacOS X 10.5)

MacOS X 10.10 Yosemite からは「Wi-Fi」タブの最下部に「Wi-Fiアドレス」としても表示されています。

macosx1010-addr-01.png

画像:Wi-Fiアドレスの名称でMACアドレスを表示 (MacOS X 10.10)

リンク


Last-modified: 2016/02/18 (木) 18:04:38 (1247d)