生研メールサーバ二要素認証設定初期化申請

初期化申請が必要な場合

  • 認証アプリ(Google Authenticator/Google認証システム)の入ったスマートフォン等を機種変更/破損/紛失等して使えなくなった。
  • 普段からWebメールを使ってメール送受信をしている方が、認証アプリの入ったスマートフォン等を忘れ、緊急時用のワンタイムコードが手元になく、Webメールにログインできない。至急ログインできるようにしたい。
  • 認証アプリをうっかりスマートフォンから削除してしまった。
  • YubiKeyを紛失/破損した。
  • PC等の端末に認証アプリを入れていたが、推奨環境のスマートフォンやYubiKeyに切り替えたい。
  • 認証アプリが入ったPC等を初期化/入替え等して以前の認証アプリが使えなくなった。

等が考えられます。

スマートフォン機種変更時の設定移行について(2020年7月現在、Android端末のみ)

機種変更前後のスマートフォンがいずれも「Android」端末の場合、下記手順で二要素認証設定の移行が可能です。初期化は必要ありません。

  1. Google Authenticator(Google認証システム)が最新かどうか確認
    2020年4月23日以降に更新されていれば、移行の機能が使えます。
  2. 古いスマートフォンのメニュー(右上のマークをタッチ)から、「アカウントを移行」をタッチ
  3. 「アカウントのエクスポート」から順次進んでQRコードを表示
  4. 新しいスマートフォン側の認証システムで「アカウントのインポート」からQRコードをスキャン
  5. もし移行がうまくでき、Zimbraへのログインも問題なければ、古いスマートフォンからGoogle認証システムを削除

初期化申請方法

まずはメールにて、下記宛先、件名で、ご所属先と生研アカウント名を本文に明記の上、お問い合わせください。(直接電子計算機室までお越しいただいても、対応いたしかねます。)

可能であれば、「iis.u-tokyo.ac.jp」のメールアドレス、または他の東京大学メールアドレスよりお願いします。
上記メールアドレスが使えない状況の場合は、gmailなど別のメールアドレスでもかまいません。

状況により、オンライン会議または電子計算機室(Ce-207)までご来室いただいての対応となります。
いずれの場合も、日程調整をさせていただいた上での予約対応となりますので、直接電子計算機室にはお越しにならず、必ず事前にメールでご一報ください。

オンライン会議での対応となった場合、カメラ越しに本人確認対応をさせていただきますので、お手元にカメラ/マイクが使えるノートPCやスマートフォン、タブレット端末等と身分証をご用意ください。

二要素認証再設定後の留意点

二要素認証再設定を実施した際は以下の点にご留意ください。

  • 二要素認証再設定を実施した際は、ワンタイムコードが新しくなります。
  • 二要素認証再設定を実施しても、アプリケーションコードは変更ありません(ThunderbirdやOutlook、Apple Mail等のメールソフトウェアの設定変更は必要ありません)。

「各種申請手続き」に戻る
「二要素認証について (about 2FA)」に戻る


Last-modified: 2020/08/06 (木) 17:06:36 (52d)