生研キャンパスネットワーク概要

生産技術研究所は駒場II地区(駒場リサーチキャンパス)と千葉地区にある千葉実験所の二つのキャンパスに分かれています。これらのネットワークは UTnet に接続されています。 UTnetは、正式名称を「東京大学情報ネットワークシステム」といい、本郷地区を中心に、駒場地区やその他の地区を高速の専用回線で結んで、東京大学全体を相互に接続するネットワークです。

  • 駒場リサーチキャンパスネットワーク

    生産技術研究所のある駒場II地区と本郷地区の間は 10Gbps で結ばれています。

    生産技術研究所の駒場リサーチキャンパスネットワークは、基幹に10G Ethernet および Gigabit Ethernetを用い、各居室の端末は 1000BaseTで接続可能な高速ネットワークです(一部は100BaseTXまで)。サブネット構成もかなり柔軟に設定されています。また、IEEE802.11a/b/g/n/ac 対応の無線LANも利用できます。

  • 千葉実験所ネットワーク

    生産技術研究所の千葉実験所は2017年春に西千葉から柏キャンパスに移転しました。駒場リサーチキャンパスと同等のネットワーク環境が利用できます。

  • サーバ一覧…計算機室が運用しているサーバマシン一覧
  • IPアドレス割当状況…各サブネットに割り当てられているIPアドレスブロック一覧
生研キャンパスネットワークの図
Counter: 25258, today: 1, yesterday: 0

o


Last-modified: 2019/07/02 (火) 18:29:45 (17d)