メール転送(在籍者用)

  • 「メール転送設定」を以下に記します。
  • 注意
    • 設定は完了次第、直ちに有効になります。
    • 転送先アドレスの記載が間違っていると、転送先アドレスに転送メールは届きません。設定完了次第、該当する生研メールアドレスに、テスト用のメールを送付し、転送動作を確認してください。
    • 転送先のメールボックスが満杯になると、転送先アドレスに転送メールが届かないだけでなく、管理者宛にエラーメールが届き、運用に支障がでる場合があります。転送エラーを発生させないよう、ご注意ください。
    • 転送先のメールサーバ設定によっては、転送先で受取可能なメールのサイズに制限がある場合があります。制限の有無は転送先のメールサーバ管理者にお問い合わせ下さい。
    • 生研退籍後(ユーザアカウント削除後)も6ヶ月間はメール転送が行われます。生研退籍後に不要となる転送設定は、在籍中に解除願います。
Step1
WWWブラウザで https://mail.iis.u-tokyo.ac.jp/ を開きます。
Step2
webメールのログイン画面になりますので
  • 【ユーザ名】(メールアドレスの @iis.u-tokyo.ac.jp を除いたもの)
  • 【パスワード】(POP3 もしくは IMAP4 でメールを読むときのパスワード) を入力します。
  • 【ログイン】をクリックしてログインします。
Step3
ログイン後、上側タブの【プリファレンス】をクリックし各種設定画面を表示させます。
Step4
左ペインの【メール】をクリックし、メール関連の設定画面を表示させます。
Step5
画面を下にスクロールさせ、【メッセージの受信】を表示させます。
メール転送設定画面
Step6
【メッセージの受信】の【メッセージのコピーを以下に転送】に転送先メールアドレスを入力します。
  • 設定アカウントのメールボックスにメールを残す場合は 【メッセージを保存せずに転送】は【チェックしない】状態にして下さい。
  • 設定アカウントのメールボックスにメールを残さない場合は 【メッセージを保存せずに転送】は【チェックした】状態にして下さい。
Step7
枠左上の【保存】をクリックし設定を保存します。
メール転送設定画面【メールボックス保存無】
メール転送設定画面【メールボックス保存有】
Step7(の続き)
枠左上の【保存】をクリック後の画面を確認します。
  • 正しく保存がされた場合は、【プリファレンスが保存されました】と表示されます。
    メール転送設定画面
Step8
画面右上の三角マークをクリックします。その後に表示されるメニューで【ログアウト】をクリックして、ログイン画面に戻ります。
メール転送設定画面
Counter: 13601, today: 7, yesterday: 0

Last-modified: 2016/06/14 (火) 09:42:26 (1249d)